保護者のことを第一に考え、サービスを導入

園名:とよたキッズステーション

地域:愛知県

施設形態:企業主導型保育

定員数:12名

支払方法:保護者が負担


愛知県豊田市にある「とよたキッズステーション」。“笑顔があふれる保育園”を理念に、働く保護者をサポートしている企業主導型保育園です。

毎日登園する保護者の荷物を少しでも減らすことはできないかと考え、『手ぶら登園』を導入。利用者の負担を軽くすることに成功しています。

保護者の荷物を少しでも減らしたくて

-『手ぶら登園』を知った経緯を教えてください。

インターネットの記事を見て知りました。「こういうサービスがあるのか」と驚きましたね。ちょうどおむつの課題を抱えていたので、取り入れてみようと思いました。

-課題とはどういったものでしょうか?

保護者が持ってくる荷物の多さですね。おむつ全てに名前を書いて持ってきてもらう必要があり、大変だなと日々思っていました。保護者の荷物を少しでも減らすことができればと考え、『手ぶら登園』の導入を決めました。

どこからでもおむつを取り出せるように

-届いたおむつは、どのように保管していますか?

まずは倉庫に保管します。そこから随時取り出し、子ども一人ひとりの棚とトイレの棚の両方に収納していますね。あちこちに置くことで、どこからでもおむつが取り出せるようにしました。

-サービスを利用している子どもとそうでない子どもがいますが、混乱などは生じていませんか?

今のところないですね。現場の保育士も、誰が利用するかを把握しているので、目立った混乱が起こったり、取り間違いが起こったりといったことはありません。

「定額サービス」の良さを、他でも

-『手ぶら登園』を導入してから、保護者の反応はいかがですか?

反応は良いです。おむつを持ち込まなくてよくなり、一つひとつに名前を書く必要もなくなりました。こちらとしては、保護者の荷物を少しでも減らすことができればと始めたことなので、嬉しい限りです。

-現在、『手ぶら登園』で気になっている点はありますか?

そうですね…おむつの定額サービスはとてもありがたく思っていますが、他の備品も定額で使えるようになったらいいなと感じています。

例えば、当園では食事の際に口と手を拭くウェットティッシュの消費が多いんです。そういった備品も定額で利用できるようになればありがたいなと…。

-貴重なご意見ありがとうございます。保育園様、保護者様にとって何が求められているのかを見極めて、おむつ以外のサービスも随時実施したいと考えています。

お問い合わせはこちら